酵素ドリンクがなぜダメなのか?

mini-produktyi-soderzhat-testosteron-300x225

酵素ドリンクが流行りだすと
なぜかきかないと言い出す人たちが発生します

何かが流行れば必ずアンチが発生するものですね

一体何がダメでなにが良いのかを
整理してみます。

多くのサイトや販売ページなのでは

酵素ドリンク ダメ

サプリ OK

のような表記を見かけます。

たしかに生きた酵素を体内に入れてたい
という意味では
その通りです

まして酵素飲料は 補酵素飲料 を省略して酵素飲料と
呼ばれているまやかしがそもそもあります。

これは酵素ドリンクには酵素をそもそも入れていない
酵素を作る栄養分を取るための飲料という意味です。

最近は酵素で作ったドリンク 略して酵素ドリンクというものも
たくさんありますが。

なので

酵素ドリンクがある種ダメで酵素が入っていないのはあたりまえの
事なんです。

酵素ドリンクで酵素が取れる思っていることが間違えで

酵素ドリンクはダメで問題がありません。

これはどのドリンクが良くてどれが悪いとかではなく
清涼飲料水は食品衛生法で熱殺菌を行うのですべての酵素ドリンクに当てはまります。

もちろん耐熱酵母と呼ばれるカビとか熱に強いものもありますが。

酵素ドリンクで酵素は取れない。これは当たり前です
なぜなら酵素ドリンクを略さずに呼ぶと補酵素ドリンクだからです。

酵素が入っていれば 酵素入りドリンクと呼ばれるでしょう。

酵素ドリンクには保存料や防腐剤が入っているのも酵素も酵母も活動していない
証です。酵素や酵母が活動していれば そらく保存料や防腐剤は不要でしょう
香料や甘味料、糖質などでおいしくいただけるのですが保存料は防腐剤、香料などは
健康のために飲むと考えるとあまり気が進みませんね

一方、サプリではどうか?
これは一見してもどういう状態かわかりません。
もちろん生きているものもあれば失活しているものも当然あります
製造工程で熱処理を行う場合などはドリンクと同じです。これは酵素ドリンクを
加熱して粉末にしているようなものです。
ただ、麹菌などがついた材料を粉末にしている酵素の場合は消化に使われる
プロテアーゼ、アミラーゼ、リパーゼといった成分をとることができます
そして添加物として必ずデキストリンが使用されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする